西武の投手今井達也:喫煙で5月まで対外試合出場禁止

西武の投手今井達也:喫煙で5月まで対外試合出場禁止

未成年者の喫煙は法律で禁止されています。

 

タバコは20歳になってからというのは誰でも知っていることではないでしょうか?

 

タバコは百害あって一利なしと言われているようにメリットはほぼないといえます。

 

発がん物質は含まれているし、肺に付着することで心肺機能が低下します。

 

一般人でも体に悪いのにましてやアスリートが吸うことがあってはその競技に対してやる気があるのかを問いたくなります。

スポンサーリンク



西武球団は6日に今井達也投手(19歳)が埼玉県所沢市内で喫煙をしていたことを公表しました

 

外部から情報があったようで球団が本人に聴取して発覚したようです。

 

今井達也投手といえば作新学院の2016年夏の甲子園を沸かせたヒーローでもあります。

 

しかもドラフト1位で西武に指名された期待の新人だったはずですが。

 

ある程度有名人なのですから人がいる場所で吸ったらすぐにバレることは分かっていなかったのでしょうか。

 

そもそも投手は野球のポジションの中でもスタミナが一番必要だと思いますが。

 

たばこが常習化すると必ず心肺機能が低下します。

 

それで良いパフォーマンスができるとは思いません。

 

まれに高校を卒業したら吸ってもよいという勘違いをしている人がいますがそれは大間違いです。

 

高校卒業=成人では決してありませんから。

 

大学などの新入生歓迎会などでアルコール中毒などで搬送される人もいまだにいます。

 

おそらく高校を卒業したら何でもアリくらいに思っているのでしょう。

 

20歳になるまではあくまで未成年なので酒、たばこはやめましょう。

 

スポンサーリンク



 

とめ

タバコを吸っただけで5月まで試合に出場できないということは本人にとっても大きなマイナスですし、球団にとっても本当に大変なことだと思います。

本人も

「深く反省しております。自分自身の甘さが今回の事態を招いてしまったと考えています。今後、二度とこのようなことを起こさないよう、自分に厳しくありたいと思います。このたびは大変申し訳ありませんでした。」

 

と謝罪していますから今後に期待することにしましょう。

 

たばこ、お酒は20歳になってから

にしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です