今話題のグランピングとは?今年三月、奥多摩にオープン!!

アウトドア派の方はキャンプなどへ出かけることも多いでしょうね。

 
キャンプ場に行って自分でテントを張ったり、食事の支度をするといった事はキャンプの醍醐味ともいえるでしょう。
 
しかし、最近ではその常識を覆す超豪華なキャンプが話題となっています!
 
超豪華キャンプ場でゴージャスに自然を満喫することができる
 

グランピング

 

グラマラス(魅力的な)とキャンピングを合わせた造語です。
 
その中でも話題の施設が今年三月に東京都奥多摩に登場するというのです。
 
その名も
(公式ページにアクセスできます)
東京都心からも比較的にアクセス良好であり気軽に行く事ができる奥多摩。
 
そこに誕生するグランピング場とはどういう施設なのか大変注目されています。

スポンサーリンク


の気になる値段や内容とは?普通のキャンプとの違いについて

 
宿泊はなんと一人一泊45000円から!?
 
とてもキャンプ場とは思えない価格設定であるといえます。
 
1番高くて175000円!
 
超豪華なホテルや旅館に宿泊するのと同等もしくはそれ以上の価格です。
 
それに見合うだけのリッチなお部屋や食事内容であるとよいのですが。

通常のキャンプとの比較

テントの違い

通常のテント
自らの手でテントを設営することになります。
そもそも狭いし、地面も固い。
夏は暑いし、冬は寒いです。
しかも家族が多いと寝られたもんじゃありません。
慣れていない人だと一睡もできない可能性すらあります。
グランピング


pinterest.jpより引用

名前のとおりサーカス団の団長の部屋を意識したものや、迎賓用のゴージャスなテントになっています。
グランピング専用に作られているテントであり、中の装飾も豪華ですね。
一つ一つコンセプトに違いがあり、中の配置や装飾品からもこだわりが伝わってきますね。
快眠できること間違いなしのベッドやゆっくりとくつろぐことができるソファーやテーブルなどがあり大変快適な空間といえるでしょう。

食事の違い

通常のキャンプの食事

加熱器具を持ち込んだ場合は別ですが、通常だと火を起こすことから始めて飯ごう炊飯やカレーといったものを作る、またはバーベキューなどをします。

食事のあとは面倒くさい片付けが待っています。

朝食はほとんど簡素なものが多い気がします。

グランピングの食事

一流のシェフがおり、フルコースを食べることができます。

アウトドアエリアとダイニングエリアがあり、どちらか選択できます。

こだわりの食材や地元産の食材を吟味して作られる料理は忘れることができない味となります。

朝食はダイニングエリアでブッフェ形式にて楽しむことができます。

スポンサーリンク


とめ

通常のキャンプも悪くはありませんが、特別な日に特別な人と特別な空間で非日常的な時間を過ごしてみるのもよいのではないでしょうか。

キャンプの定番となっているキャンプファイヤーもテントの前で何とプライベートで楽しむことができます。

もちろん全て用意してくれるので安心ですね。

アウトドアが少々苦手という方でもこれなら楽しむことができるのではないでしょうか。

贅沢な時間を過ごして大自然を思いっきり楽しむことができるこれまで体験したことのない、別次元のひとときをお楽しみください。

※画像は全てイメージです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする