スーパータツヤ:フグの肝臓を販売、食べると危ない!!

寒い季節は鍋料理を食べる機会が多くなります。

確かに冷え切った身体を温めるには最適の料理といえます。

しかも準備が比較的に容易であるため夕食などに出されるご家庭も多いのではないでしょうか?

スーパーなどで鍋セットとして売られていますから簡単にできますね。

今日は少し贅沢してフグ鍋にしようなんて事もあるでしょう。

「自分では調理できないけどスーパーで加工されているなら大丈夫。」

なんて思ってはいけません。

よく見て買わないと大変なことになるかもしれませんよ。

ーパータツヤで売られていたフグの肝臓、その毒性とは?


YouTubeより引用
スーパータツヤは愛知県蒲郡市の全日食チェーンのスーパーです。

そこで売られていた鍋・煮物用のパックが今回問題となりました。

なんと有毒であるフグの肝臓が含まれていたそうです。

調理担当者の認識不足から今回の問題が発生したのですが、肝臓を食べてはいけないというのは素人でもわかると思います。

本当にフグの調理資格を持った人が行った行為なのか疑問が発生します。

5パック売られていて4パック回収できていないそうです。

知り合いのフグ調理の免許を持った人に聞いてみるとフグの種類によって異なるが毒性の弱いものだと、あれくらいの量だと舌先が痺れるくらいと言いいますが、絶対に食べないでくださいね。

報道によると、どうやら食べてしまった人もいるみたいですが…

ヨリトフグは毒性がないものが多いので大丈夫だとよいですね。

売されていたのは「ヨリトフグ」その毒性とは?


https://zukan.com/fish/internal111
厚生労働省環境衛生局長通知でも筋肉、精巣、皮は販売可能であるとされています。

肝臓は販売してはいけないそうです。

ヨリトフグの毒は神経毒テトロドトキシンです。

一般にヨリトフグは無毒フグとして取り扱われているようですが、獲れる地域によって稀に毒が含まれているそうです。

フグは食べるエサによって毒性が変わるそうです。

今流行りの養殖無毒フグは毒のないエサを与えるから肝臓にも毒を持ちません。

天然物は何がエサか分からないので、もしかすると有毒なものが蓄積されているかもしれません。

もしも含まれていた場合はゾっとしますよね。

そんなリスクを冒してまで食べることはないでしょう。

ただ知り合いの調理人曰くフグの肝臓は非常に美味だと言っていましたが、素人がうかつに手を出してはいけません。

スポンサーリンク



とめ

スーパーに並んでいるものでもよく見て買わなければいけません。

ただ今回の場合は比較的毒性の低いものですから最悪な事態にはならないと思いますが。

フグは本当に美味しい食材の一つだと思いますので安心安全な信頼できるお店を選ぶことが大事ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする