丸山ワクチン:癌と共存する副作用の少ない治療法

最近、「丸山ワクチン」というものをよく耳にします。

「丸山ワクチン」って聞いたことはありますか?

「丸山ワクチン」はその名のとおり、丸山千里博士(元日本医科大学学長)によって作られた本来は皮膚結核の治療のワクチンです。

スポンサーリンク




丸山ワクチンが癌に効く?副作用の心配は?根本的な考え方が違う治療法

癌になってしまうと誰もがどうにか治したい、少しでも長く生きたいと考えるのは当たり前のことではないでしょうか?

癌と宣告されたら一気に頭の中が真っ白になります。

長生きしたい…

健康な時はあまり気にとめないことですが。

ほとんどの場合は癌という根本的な原因を取り除く治療が行われます。

しかしながら早期に発見された場合は手術で取り除くことができますが、末期の場合はそうもいかない事が多いのではないでしょうか。

待ち受ける抗がん剤による苦しい副作用との戦いの日々。

もはや癌との戦いというよりも激しい副作用との戦いといっても過言ではありません。

丸山ワクチンは癌に効くのか?

開発者の丸山博士はあちこちの医師にワクチンを患者に試すように頼んだのだそうです。

そうすると患者に試した医師から

「癌が小さくなった。」とか

「末期の患者が長く生きられるようになった。」

ということが報告されたようです。

人それぞれ効果には違いがあるとは思いますが、良い成果がもたらされたことは間違いないでしょう。

気になる副作用は?

ワクチンが毒性を持たないため、ほとんどないようです。

本当にこれは安心材料の一つですね。

ただでさえ衰弱しているがん患者に抗がん剤を投与して苦しませることは家族としても見ていられませんから。

自分が受ける側だとしても苦しむことはできるだけ避けたいことです。

副作用がないどころか癌による苦しみを和らげる作用があり、日常生活を送れるレベルまで改善することもあるようです。

スポンサーリンク



従来の抗がん剤との考え方の違い

丸山博士は従来の体内から癌細胞を排除するという観点ではなく、どうにか共存できないかという視点で研究を続けられてきたようです。

確かに無理矢理排除するというのは癌細胞も本来は体の一部でありますから、相当なリスクを伴うと考えられます。

おそらく上手く共存させつつも、少しずつ癌細胞を抑制していくという治療法なのでしょう。

何でもそうですが体に急激な変化を与えると必ず無理が生じます。

急な変化を加えないからこそ、副作用のリスクも限りなく少ないのでしょう。


まとめ

丸山ワクチンは素晴らしい治療法の一つではないでしょうか。

しかもこの丸山ワクチンによって完全に治ってしまった方もいらっしゃるようです。

もしもの時のために頭の片隅に置いておいてください。

二人に一人が癌になる時代ですから。

この治療法によって助かる人が増えてくれると嬉しい限りです。

詳しくは↓
丸山ワクチンオフィシャルサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする