玉ねぎヨーグルトダイエット:たまねぎとヨーグルトの栄養素を解説!

玉ねぎヨーグルトダイエット:たまねぎとヨーグルトの栄養素を解説!

たまねぎヨーグルトといえば一見微妙な取り合わせだと思います。

最近話題になっている「玉ねぎヨーグルト」ですが、

なぜ話題になっているかというとダイエット効果があるからです。

スポンサーリンク


そんな「玉ねぎヨーグルト」について徹底解明!

玉ねぎに含まれる物知っていますか?

そんな疑問を重要なポイントでご紹介します。

玉ねぎに含まれる物って何?

  • ビタミンやミネラル(そんなに多くない)
  • 食物繊維
  • ケルセチン
  • 硫化アリル

が重要な物といえるでしょう。

特に注目したいのは

「ケルセチン」「硫化アリル」「食物繊維」

です。

あまり聞き慣れないケルセチンとは?

ケルセチンとは

血液を作る助けをする

この栄養素のおかげで血流が良くなります。

抗酸化作用が強い

玉ねぎは表皮を乾燥しておくと何カ月も保存できます。酸化しにくいものが含まれているからです。

脂肪吸収を抑える

腸内の脂肪と結びついて体外への排出を促します。

悪玉コレステロールを減らす

いわゆる脂質異常症(高脂血症)の予防につながり、動脈硬化のリスクを減らします。

硫化アリル(硫化プロピル)ってどういうもの?

これは皆さん身体で感じ取っているものです。

そう、あの目に染みる成分です。

これが大事なんです。

玉ねぎ効果の代名詞「血液サラサラ」作用

この硫化プロピルが素晴らしい効果を生んでいるのです。

血液サラサラでもたらされる効果
  • 血圧の低下
  • 脳血管障害の予防
  • 心筋梗塞等の心疾患の予防
  • 動脈硬化の予防

生活習慣病の予防にピッタリといえるでしょう。

水溶性食物繊維イヌリンの効果

今回の主役と言っても過言ではありません。

腸内細菌で分解されることによって「短絡脂肪酸」が発生します。

この「短絡脂肪酸」の働きがスゴイ!

今回ご紹介する「たまねぎヨーグルト」においてこの成分なしには語ることはできません。

スポンサーリンク



「脂肪の吸収と食欲を抑える」

まさにダイエットするための成分といえるでしょう。

しかも食物繊維ですから便秘の方にも有効といえるのではないでしょうか?

たまねぎだけ食べればいいじゃん。別にヨーグルトと混ぜなくても…..

と思われる方がいらっしゃるでしょう。

しかし、

ヨーグルトが玉ねぎの効果を倍増させるのです。

ヨーグルトの乳酸菌が腸内細菌の作用を活発化させます。

だからこそ玉ねぎと一緒に食べることによってダイエットには重要な

「短絡脂肪酸」を多く発生させることができます。

気になる玉ねぎヨーグルトの作り方

誰でも簡単に作る事ができます。

材料

プレーンヨーグルト(無糖)200g

玉ねぎ 一個

塩小さじ2分の1

納豆をプラスする事でさらなる効果も期待できるそうです

少し前にテレビで納豆をプラスするとよいとの事が書かれていました。
納豆が苦手ではない方は是非!

作り方

まず、玉ねぎを薄く切ります。(スライスする)

ヨーグルトと塩と切った玉ねぎを混ぜ合わせます。

完成!

少し時間を置いてから食べた方が良いですね。

なぜなら、すぐ食べると玉ねぎの辛さがありますから。

後はそれを数回に分けて食べるだけです。

まとめ

手軽にダイエットできる素晴らしい食べ物ですね。

ただ味は人によってそれぞれかと思います。

ちなみに納豆はヨーグルトに納豆を混ぜるのではなく、納豆1パックにヨーグルトを

かける感じで(小さじ2杯くらいが目安)食べてください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です