大泉洋ってお笑い芸人じゃないの?

大泉洋ってお笑い芸人じゃないの?

今日の「嵐にしやがれ」で出演予定の大泉洋さん。

大泉記念館として自身のコレクションを紹介したり幼少期からのエピソードを語ってくれます。

大泉洋さんは独特のキャラクター、トークでお茶の間を沸かせてくれています。

1996年から始まった「水曜どうでしょう」でブレイクしました。

「水曜どうでしょう」は最高視聴率18,6パーセントを
深夜枠で叩き出した人気番組でした。

なかなか視聴率がとれない深夜番組でこれ程の数字をとることができる番組はありません。

大泉さんは芸人ではありません、立派な俳優です

あの面白いトークや語り口から誰もが芸人と思っていたのではないでしょうか?

バラエティ番組にも多く出演しているので勘違いしてしまいがちです。

大泉洋が出演した主なドラマ

救命病棟24時(フジテレビ)
小早川伸木の恋(フジテレビ)
ハケンの品格(日本テレビ)
東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~(フジテレビ)
まれ(NHK)
真田丸(NHK)

他多数。

さまざまなドラマに出ているんですね。

映画出演はもちろん、時には声優までこなしてしまうという万能っぷりを見せています。

存在感たっぷりの千と千尋の番台の蛙役も

 

有名なジブリ映画である「千と千尋の神隠し」にも番台の蛙役として出演しています。

あの作品を見た時はまさかあの番台の蛙を大泉洋さんがやっているなんて事は

夢にも思いませんでした。

本当に何でもできる方なんですね。

しかも役柄がはまってるものばかりです。

あの絶妙なトークはどこから生み出されたのか?

バラエティ番組などでMCからのフリにも常に軽快に面白く返すトーク力。

何回見ていても素晴らしい才能だと思います。

実はあのトーク力の源は「落語」にあったのです。

小学生時代に両親が車でかけていた落語のテープを丸覚えするまで聞きこんでいたことが今のトーク力に繋がっているそうです。

ただそれだけではなかなかトーク力は養われません。

生まれ持った才能や周りの環境がそうさせたのではないかと思います。

大泉洋とは

様々なジャンルで活躍するマルチ俳優です。

バラエティからドラマ、映画や声優まで活躍する姿を見ていると

まさに世の中の人を楽しませる為に生まれてき人だと感じます。

今日の嵐にしやがれが楽しみですね。

嵐のメンバーとの絶妙なトークのやりとりは必見です。

この記事を読んでくれた方におすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です