ソプラノ歌手 田中彩子がすごい!

ソプラノ歌手 田中彩子がすごい!

この世のものとは思えない美声

きれいな声で歌えることは本当にすばらしいことですね。

高い声、まるで小鳥のさえずりのように響き渡る。

スポンサーリンク



その歌声はまるで森の中で小鳥のさえずりを聞いているような感覚に陥る

今、世界の音楽会の巨匠からオファー殺到のソプラノ歌手 田中彩子

に注目!


田中彩子公式サイトから引用

かなり高音域の高い声は練習すれば誰でも出すことができるのだろうか?

答えはNoだ。

だが今の音域のよりは少しは伸ばすことができるそうだ。

田中彩子おすすめ練習法は何と

「動物モノマネ」である。

高い声の練習は動物の「モノマネ」をするとある程度伸ばせるという。

まるで子犬が鳴くように

「くぅ~ん、くぅ~ん。」

というように高い声を意識して行うと良いという。

これはウィーンの合唱団でも取り入れられている。

この世界でもトップクラスのソプラノ歌手田中彩子が今日の「嵐にしやがれ」の隠れ家嵐にゲストとして登場し、生歌を披露した。

嵐の二宮さんはあんなに間近で聞くことができて、うらやましい限りだ。

素晴らしい歌声を聞くと鳥肌がたちそうになるものである。

特に嵐の曲である「onelove」を番組内で披露していたがまるで別の曲のように思えた。

スポンサーリンク



歌っている時と話している時は別人

田中彩子さんは歌っている時と普通に話している時がまるで別人で、そのギャップがまた面白い。

話し方が独特なのは海外での生活が長く日本語を使う機会がまるでないからだと本人は語る。

普段はドイツ語でしか話していない。

確かにそれでは日本語を忘れてしまうかもしれない。

外国人のようなニュアンスで話しているのも納得できる。

高校生の時に音楽教諭によって世界でも一握りの才能だと絶賛され、海外に行くことに。

そこでは史上最年少でスイスのベルン市立劇場の舞台に立つことになった。

彼女はギネスブックに登録されている音域の高い曲でも普通に歌い事ができる。

日本が誇る素晴らしい逸材である。

なかなかお目にかかることはないですが、日本でコンサートを開催してくれたらぜひいってみたいものですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です