北朝鮮船漂着により天然痘パンデミックの恐怖…

最近日本海沿岸で北朝鮮籍の木造船が漂着するっていうニュース多くありませんか?

本当にただの亡命または漁業中の遭難なのでしょうか?

《北朝鮮が兵器化した天然痘ウイルスを持っている》は国連の専門官の間では常識?

「飛沫感染でうつる。もし上陸者に一人でも感染させられた人がいたら
ワクチンを投与しないと無限というぐらい広がっていく。」と11月30日
参議院予算委員会で自民党の青山繁晴議員が述べている。

そもそも天然痘とはどのような感染症なのか?

  • 飛沫感染や接触感染により容易に感染する。
  • 天然痘のウイルスの感染力は非常に強い。
  • 「種痘」というワクチンにより予防ができる。
  • 一度治癒した場合は免疫や抗体ができるため、その後は感染しない。

天然痘の症状

初期症状としては高熱・頭痛・吐き気などが現れる

発熱後3~4日で熱が下がり、身体に白色の豆粒状の丘疹ができる。

約一週間後発疹の化膿により再び高熱が出る。

2~3週間後には膿疱は跡を残して回復傾向に。

身体の表面に病変ができるだけじゃない!?

消化器や呼吸器などの内蔵器にも病変ができた場合、それが組織を破壊する。
例えば肺が傷ついてしまったら呼吸ができなくなり、ひどいものは死に至る
事もあります。合併症も多くあり、出血性のものは予後不良となりやすいです。

ワクチン接種がかなり効果的

もし感染してしまってもワクチン接種が発症を防いだり、ひどくなる事を防ぐと言うが発症した事を気づく人はなかなかいないのではないでしょうか。

現在は対症療法が確立されていますが要注意

抗ウイルス薬などのいわゆる化学療法で治療することができます。
ですが大変な感染症ですのでかなりの苦痛を伴うことでしょう。

一番重要なのはウイルス保持者が日本国に入ってこない事

北朝鮮の船は木造なのでレーダーに映りにくいので漂着されやすいのです。

あちらとしては漁業中に遭難したと言っているのでむやみに扱うことができません。

一部の報道では北朝鮮はウイルス兵器としてわざと感染させた人間を送り込んでいるとの憶測があります。

今は絶滅したはずの天然痘ウイルスが拡散してしまうと、また根絶するために相当な時間を要することでしょう。

水際対策、水際対策と政府はいつも言っているが、それで完璧に防げるものではないと考えられます。

少し前の新型インフルエンザの時も結局全国に蔓延してしまいましたから。

せいぜいできることと言えば日本海沿岸のパトロールや警備の強化、漁協などの船に不審物を発見した際に通報するなどの要請にすぎない。

これで本当に防ぐことができるのであろうか?

一人でも感染者が出てしまったら、時すでに遅し

だからこそ天然痘の症状をしっかり把握して、すぐに気づくことができる知識があれば医療機関に早期に受診できて重症化を防げるかもしれません。

少しでも天然痘の症状を知って、いざという時に備えることが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする